病院情報の公表2020

病院情報の公開について

  • 集計条件

平成31年4月1日から令和2年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者

  • 除外条件

入院後、24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児

臓器移植

  • 患者数

10未満の場合、-(ハイフン)で表示

  • 在院日数

親様式の様式1開始日から様式1終了日までの日数

令和元年度 大阪府済生会中津病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,015 245 371 518 759 1,400 2,318 4,364 2,882 451
一般病棟に入院した患者さんで年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。
年齢は入院時点の年齢としています。
退院患者の年齢構成を見ることにより、本院の特徴を理解することができます。当院では60歳~89歳の患者割合が全体の67%を占めています。 この結果は当院が大阪府がん診療拠点病院であること、24時間体制で心筋梗塞などの循環器系救急や消化管出血などの消化器系救急の受け入れを行っていることが影響していると考えられます。また、地域医療支援病院として地域社会に貢献できるよう努めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科別症例トップ5は、それぞれの診療科が多く取り扱っている疾患を示しています。当院が得意とする分野を示しているともいえます。また、自院の平均在院日数を全国の診断群分類別平均在院日数と比較することで、それぞれの診断群分類を如何に効率的に診療を行っているかを評価することが出来ます。入院期間IIが全国のDPC対象病院の平均値を示していますので、それよりも当院の方が短ければ当院が効率的な診療を行っているという事になります。転院率は疾患の特性がありますので、転院率の高低を問題にすることは出来ません。平均年齢についても同様です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病名なし 166 3.1 2.6 0.00% 69.4
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 159 8.3 9.8 0.01% 73.6

060020XX04X0XX

胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術処置2なし 107 9.8 8.3 0.00% 74.6

06007XXX97X00X

膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 67 9.6 12.8 0.03% 70.2

060360XX01X0XX

慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 膵体尾部腫瘍切除術 膵尾部切除術の場合等 手術処置2なし 44 6.2 7.4 0.00% 66.1
消化器内科では消化器癌やその他の良悪性疾患を広く診断・治療の対象としています。上部下部消化管悪性腫瘍に対する内視鏡治療数や胆道疾患に対する内視鏡治療数は、全体の上位を占めています。膵臓の良悪性疾患の診断治療も行っており、また消化管出血や肝胆膵領域の感染症に代表される救急疾患も数多く受け入れ、緊急対応も行っています。慢性膵炎の診療については早期診断から膵石治療、膵管ステント留置なども行なっています。
糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置2-1あり 定義副傷病名なし 22 10.7 13.7 0.00% 65.0
100071XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術処置2-1あり 定義副傷病名あり 18 13.2 14.7 0.01% 70.6
100070XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置2-1あり 定義副傷病名あり 11 13.4 15.2 0.00% 69.1
100040XXXXX00X 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術処置2なし 定義副傷病名なし 13.4
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 20.8
糖尿病内分泌内科では、糖尿病専門外来をおくとともに、甲状腺、下垂体、副甲状腺、副腎等の内分泌疾患、およびメタボリックシンドローム、脂質異常症、骨粗鬆症、高尿酸血症(痛風)、動脈硬化性疾患等の代謝疾患の専門的な精査治療を行っています。多職種の協力ものと、毎日糖尿病教室を開催し、患者中心の生活習慣病の治療、予防対策にも積極的に取り組んでいます。また、手術前の血糖コントロールも行っているため、糖尿病(2型、1型)の血糖コントロールおよび教育目的の入院及び、その合併症治療が上位を占めます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置1-なし、1,2あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 353 4.4 4.4 0.01% 70.8
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1-2あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 222 3.5 3.2 0.00% 72.2
050070XX01X0XX 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術処置2なし 204 5.6 5.0 0.00% 70.0
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1-1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 193 3.7 3.0 0.01% 69.5
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術処置1-なし、1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 142 5.0 5.3 0.00% 75.1
循環器内科では最新の画像診断法である光干渉断層映像装置(OCT)を常設しており、精細な経皮的冠動脈形成術(PCI)をおこない、ステント挿入、ロータブレーター等を駆使し良好な成績を収めております。症例数においては循環器疾患、末梢動脈疾患の診療を中心に、狭心症、陳旧性心筋梗塞等の慢性虚血性疾患に対する経皮的冠動脈形成術等の治療症例、ついで頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術と閉塞性動脈疾患への動脈塞栓除去術の実施症例が上位を占めます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1あり 手術処置2なし 135 3.2 3.3 0.00% 70.1
040040XX99041X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名あり 123 16.2 16.9 0.01% 71.3
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 65 14.5 9.6 0.01% 74.0
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術処置2なし 42 14.6 18.8 0.01% 73.8
040040XX9908XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-8あり 37 13.1 10.6 0.00% 65.4
呼吸器内科では、排菌結核を除く呼吸器領域の悪性疾患から炎症性疾患まで幅広く診療を行っています。入院患者さんは肺がんが中心で症例数においても肺がんに対する化学療法目的の入院が最も多く占めます。化学療法はお薬を使う治療で、進行期や術後の患者さんに行います。個々の患者さんに最も適したお薬を選択し、肺がんの治療成績向上のため臨床試験に参加し新しい治療法の開発にも積極的に取り組んでいます。肺がんに対する気管支鏡検査入院、化学療法目的、間質性肺炎の入院が上位を占めます。
膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560XX99X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 52 12.7 15.5 0.01% 62.0
070470XX99X30X 関節リウマチ 手術なし 手術処置2-3あり 定義副傷病名なし 12 9.0 14.5 0.00% 58.1
070470XX99X0XX 関節リウマチ 手術なし 手術処置2なし 16.1
070560XX97X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 26.2
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術処置2なし 18.8
膠原病内科では全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患やリウマチ性疾患などを扱っており、発病初期の患者さんから合併症を有する患者さんまで幅広く診療を行っております。多臓器に病変をきたす場合が多いため、入院後にCT、エコー、MRIなどの評価を含め全身の評価を行いながら、適切な治療を行うようにしております。また、全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患は、病態の鑑別と寛解導入療法の際に入院を要することが多くなります。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030XX99X40X 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 85 17.6 15.8 0.03% 68.5
130030XX97X40X 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 45 28.7 31.3 0.01% 71.2
130010XX97X2XX 急性白血病 手術あり 手術処置2-2あり 42 33.5 39.4 0.03% 61.0
130040XX99X5XX 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術処置2-5あり 25 23.6 22.8 0.00% 72.7
130060XX97X40X 骨髄異形成症候群 手術あり 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 18 23.7 20.3 0.00% 76.9
血液内科では白血病や悪性リンパ腫などの血液のがんである造血器悪性疾患や、再生不良性貧血など造血器良性疾患を診療しています。DPC症例で最も多いのは非ホジキンリンパ腫の化学療法による治療入院です。悪性リンパ腫は「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」に分けられます。腫れている組織(リンパ節など)を採り、顕微鏡で観察し、そこに非常に大きな「ホジキン細胞」や「リードステルンベルグ細胞」と呼ばれる特殊な腫瘍細胞が見つかった場合は「ホジキンリンパ腫」、一方それらの大型腫瘍細胞が見つからない場合は「非ホジキンリンパ腫」という診断名をつけます。いろいろなタイプがあり、使うお薬はそれぞれで異なります。症例数では造血器悪性疾患が上位を占めます。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 15 6.4 7.1 0.00% 57.7
010060X2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 12 15.6 19.7 0.02% 72.6
010160XX99X00X パーキンソン病 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 12 14.3 17.7 0.01% 72.1
010080XX99X001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 11 12.5 12.0 0.00% 41.7
010160XX99X10X パーキンソン病 手術なし 手術処置2あり 定義副傷病名なし 10 13.8 19.8 0.01% 72.0
脳神経内科では脳、脊髄、末梢神経などの障害による脳神経疾患を診療しています。脳血管障害では脳神経外科・救急科・リハビリテーション科と連携し、超急性期治療から慢性期、リハビリテーション治療まで包括的に治療を行っています。症例数ではてんかん、急性期の脳梗塞、変性疾患のパーキンソン病と続きます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110050XX97X00X 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 74 3.3 11.0 0.06% 69.6
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 73 8.1 11.7 0.01% 68.8
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置1あり 定義副傷病名なし 34 4.7 7.0 0.00% 53.0
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 33 12.5 12.6 0.01% 73.2
110280XX02X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 26 10.8 8.5 0.00% 68.2
腎臓内科では軽微尿異常から末期腎不全まで、原発性糸球体腎炎から、糖尿病、膠原病などによる二次性の腎障害までの全ての腎疾患を扱い、高血圧、浮腫、水電解質代謝異常などあらゆる病態に対応しています。症例数においては、主に尿検査にて蛋白尿や血尿を指摘されたり、血液検査にて腎臓の働きが低下した状態と考えられる患者さんに対する診断や治療が上位となります。また、癌などによる難治性腹水の治療にも積極的に行っています。
老年内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 20.8
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 12.6
01021XXXXX0XXX 認知症 手術処置1なし 17.5
0400801499X001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 13.5
100380XXXXXXXX 体液量減少症 9.1
老年内科では主に75歳以上の方の高齢者の診療を行っており、認知症や高齢者総合内科診療を中心に行っています。多くは高齢者の呼吸器や泌尿器等の感染の治療を行っております。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270XXXX0XXX 食物アレルギー 手術処置1なし 2.5
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 9.8
060190XX99X0XX 虚血性腸炎 手術なし 手術処置2なし 8.9
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術処置2なし 定義副傷病名なし 3.5
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 12.6
救急科は初療が中心であるため、入院症例は原則として当科以降の診療科が行います。その際、各診療科が専門的治療を円滑に行えるよう、各科と連携しながら安心で適切な診療を行えるよう努力しています。
外科・消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 110 4.9 4.8 0.00% 70.0
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 102 6.5 7.1 0.01% 63.2
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 66 12.2 15.0 0.00% 71.4
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置2なし 52 9.5 10.3 0.00% 72.5
060020XX02X00X 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 43 12.0 16.1 0.00% 70.8
外科では消化器疾患の外科、乳腺の病気の検査・治療を専門とする外科および一般外科を専門としています。消化器疾患では当院消化器内科と連携し、また近隣医療機関との間で病診連携を確立していますので、おもにこれら疾患の手術治療を担当しています。症例数では鼠径ヘルニア手術、次いで胆嚢炎などに対する腹腔鏡下手術治療、胃、結腸、直腸の悪性腫瘍に対する手術治療、乳腺悪性腫瘍手術が上位を占めます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 57 24.7 25.9 0.27% 83.6
160760XX97XXXX 前腕の骨折 手術あり 31 4.3 5.5 0.00% 64.0
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 25 10.1 14.1 0.00% 24.2
160700XX97XX0X 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病名なし 23 4.6 5.9 0.00% 47.7
070343XX97X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術処置2-1あり 21 15.1 19.9 0.00% 69.4
整形外科では脊椎、手、肩、肘、股、膝、足関節の変性疾患やスポーツ外傷を含む外傷性疾患など整形外科全般にわたるを診療しております。また、内服、関節注射、リハビリなどで治らない場合に人工関節手術を行うことがあります。限られた入院期間の中で治療を行いご自宅へ戻る事を目標にしていますが、患者さんの状態や疾患の特性により、長期間の入院を必要とされる場合もあります。担当職員による転院調整を早い機会に開始して、スムースな転院・切れ目のないリハビリ等の治療が継続出来るように心掛けています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110XX97XXX0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 379 3.4 2.8 0.01% 76.6
020180XX97X0X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術処置2なし 36 6.4 7.3 0.00% 59.5
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 18 4.2 7.5 0.00% 79.5
020200XX9710XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術処置1あり 手術処置2なし 17 6.1 6.7 0.00% 72.3
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 15 8.7 9.3 0.00% 66.6
眼科では白内障・緑内障・網膜疾患・眼形成・神経疾患・角膜疾患など幅広く診療しており、症例数では白内障が最も多いです。次いで糖尿病合併症である糖尿病性増殖性網膜症に対し、硝子体手術を多く行っております。そのため硝子体疾患や網膜剥離が上位となります。また、白内障においては外来での日帰り手術も増えてきています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002XXX02X0XX 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術処置2なし 69 3.6 3.1 0.00% 40.8
120180XX01XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 46 9.2 9.7 0.00% 32.8
120010XX99X50X 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2-5あり 定義副傷病名なし 33 7.1 4.4 0.00% 58.5
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 30 10.9 9.7 0.00% 45.7
120140XXXXXXXX 流産 27 2.2 2.5 0.00% 33.6
産婦人科では産科ならびに婦人科疾患(良性・悪性)を診療しており、症例数では子宮頚部・子宮体部の悪性腫瘍、卵巣・子宮付属器の悪性腫瘍に対する化学療法、子宮の良性腫瘍(子宮全摘)などが続きます。周産期関連では帝王切開術が上位となり、流産についても対応しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 92 6.1 6.2 0.01% 0.0
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病名なし 78 7.4 6.2 0.01% 2.4
040100XXXXX00X 喘息 手術処置2なし 定義副傷病名なし 42 7.2 6.6 0.00% 3.2
040070XXXXX0XX インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術処置2なし 21 6.1 5.7 0.00% 3.2
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 12 7.0 5.7 0.00% 6.0
小児科では小児領域の様々な疾患を診察しており、子育てをしながら働くお母さんのために付き添いなしでも入院していただけるような体制をとっています。入院症例では当院で出産され、小児科管理が必要な母体から影響を受けた新生児の入院が上位になっています。気管支炎、喘息が続きます。
免疫・アレルギーセンター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270XXXX1XXX 食物アレルギー 手術処置1あり 518 1.0 2.2 0.00% 3.8
080270XXXX0XXX 食物アレルギー 手術処置1なし 156 1.1 2.5 0.00% 7.6
080050XXXXXXXX 湿疹、皮膚炎群 10.7
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術処置2なし 定義副傷病名なし 3.5
180040XX99X0XX 手術・処置等の合併症 手術なし 手術処置2なし 9.9
免疫・アレルギーセンターは小児のアレルギー疾患全般を診察しています。
喘息教室、アトピー教室、食物アレルギー教室、エピペン講習会、食物アレルギー負荷試験、夏休みアレルギー教室ではそれらの目的を達成すべく、小児アレルギーエデュケーター、看護師、管理栄養士、保育士、理学療法士、臨床心理士らの協力を得て治療しています。
入院症例では、食物アレルギーの検査入院が症例数の上位を占め、湿疹等が続きます。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428XXXXXXXX 突発性難聴 76 6.5 8.9 0.01% 52.5
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 58 7.2 6.8 0.00% 51.7
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患 48 11.4 7.8 0.00% 24.9
030390XX99XXXX 顔面神経障害 手術なし 45 6.2 9.1 0.00% 43.4
030240XX99XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 42 5.5 5.5 0.00% 36.2
耳鼻咽喉科・頭頚部外科では小児から成人までの耳鼻咽喉科一般診療とともに、頭頸部腫瘍の治療も行っています。症例数では、突発性難聴が最も多く、また慢性副鼻腔炎や扁桃領域の炎症性疾患も多く受け入れています。また、顔面神経麻痺などの急性神経障害も受け入れています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010XXXX0XXX 膿皮症 手術処置1なし 17 10.6 12.5 0.01% 67.8
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 15 8.0 9.0 0.00% 67.5
080190XXXXXXXX 脱毛症 3.4
080100XXXX0XXX 薬疹、中毒疹 手術処置1なし 10.8
080090XXXXXXXX 紅斑症 10.1
皮膚科全般の疾患を偏りなく扱っていますが、膿皮症や帯状疱疹などの皮膚感染症患者の入院が大多数を占めております。また、必要に応じて形成外科、免疫アレルギー科、膠原病内科などと診療連携をしています。入院対象疾患は少なく、昨年は膿皮症、帯状疱疹が上位となります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1なし 手術処置2なし 84 6.4 7.1 0.00% 72.6
110080XX991X0X 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1あり 定義副傷病名なし 34 2.0 2.5 0.00% 73.2
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術処置1なし 定義副傷病名なし 29 5.4 5.6 0.01% 57.3
110080XX01XXXX 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 26 12.0 12.2 0.00% 68.8
11001XXX01X0XX 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術処置2なし 20 10.6 11.1 0.01% 66.4
泌尿器科では後腹膜臓器(腎臓・尿管・膀胱・副腎)、男性生殖器(前立腺・陰茎・精巣)の良性・悪性疾患を診療しており、症例数では膀胱悪性腫瘍の経尿道的切除、前立腺の悪性腫瘍手術、経尿道的尿路結石除去術、腎悪性腫瘍手術の治療が上位となります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置1なし 112 4.5 4.0 0.00% 54.7
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術処置1なし 手術処置2なし 37 6.2 5.3 0.00% 33.6
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術処置2なし 31 4.4 3.1 0.00% 72.2
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術処置2なし 27 8.3 7.9 0.01% 74.4
070010XX010X0X 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術処置1なし 定義副傷病名なし 14 4.9 5.4 0.00% 57.2
形成外科では顔面・四肢の先天異常、体表面の良性腫瘍・悪性腫瘍ならびにその再建、外傷・熱傷、その他(腋臭症・レーザー治療など)を診察しており、症例数では皮膚の腫瘍、顔面骨折、眼瞼下垂の手術症例が上位となります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163XX03X0XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術処置2なし 18 10.9 11.8 0.00% 79.6
050080XX01010X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術処置1なし 手術処置2-1あり 定義副傷病名なし 12 20.8 23.8 0.00% 64.5
050050XX0101XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術処置1なし 手術処置2-1あり 22.7
050163XX02X10X 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術処置2-1あり 定義副傷病名なし 19.8
050080XX01020X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術処置1なし 手術処置2-2あり 定義副傷病名なし  - 33.0
心臓血管外科では成人の心臓、大血管、末梢血管の外科的疾患を診療しており、冠動脈(狭くなった冠動脈をバイパスする手術)、大動脈(人工血管置換や血管内だけで治療を行うステント(ステントグラフト))などの手術がメインです。また弁膜症等に他の心疾患が合併した複雑なケースなど、いくつかの手技を同時に行う複合手術を行うこともあります。緊急手術に対しては、日夜を問わず行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術処置2なし 80 11.0 11.5 0.01% 71.0
040200XX99X00X 気胸 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 25 5.4 9.1 0.00% 38.7
040050XX99X4XX 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 手術なし 手術処置2-4あり 21 9.2 10.8 0.00% 65.7
040200XX01X00X 気胸 肺切除術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 21 9.5 10.2 0.00% 39.2
040150XX97X00X 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 17 16.4 31.0 0.01% 63.8
呼吸器外科では成人の呼吸器領域を中心とし胸部外科疾患を診察しております。DPC症例で最も多いのは肺の悪性腫瘍に関する手術治療が最も多く、気胸に対する治療が上位となります。多くの肺手術に対し完全胸腔鏡下手術で行っており、体への侵襲が少ないため平均在院日数は全国平均と比較し短くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 15 10.7 9.7 0.00% 77.3
010050XX02X00X 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 13 11.2 11.9 0.00% 73.8

010040X099000X

非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 10 21.3 18.8 0.03% 61.5

010070XX9910XX

脳血管障害 手術なし 手術処置1あり 手術処置2なし 10 2.0 3.1 0.00% 68.6

160100XX99X00X

頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 7.3
脳神経外科では脳血管障害や頭部外傷などの救急疾患、脳腫瘍、脊椎脊髄・末梢神経疾患、三叉神経痛や顔面痙攣等の機能的疾患など多岐にわたる疾患を診察しています。脳血管障害では脳神経内科・救急科・リハビリテーション科と連携し、超急性期治療から慢性期、リハビリテーション治療まで包括的に治療を行っています。未破裂脳動脈瘤に対する外科治療や、脳梗塞の再発防止のための外科治療も行っており、予防的な診療にも力を入れています。 頭部外傷に関しては、救急科と連携し、緊急手術含め対応しています。 またカテーテルによる脳血管内治療、脳腫瘍や脳動静脈奇形等に対する定位放射線治療に関して連携施設と協力しながら治療しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 146 26 26 58 10 40 1 8
大腸癌 96 60 84 85 13 55 1 8
乳癌 31 24 27 23 1 8
肺癌 106 42 103 346 36 168 1 8
肝癌 17 20 16 15 43 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院は大阪府が指定する大阪府がん診療拠点病院として病院全体がひとつのチームとなり、幅広い総合的ながん診療体制に取り組んでいます。5大がんとは、日本で最も多い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)を指しており、進行状況(Stage:がんの進行状態を示すものであり、0期からIV期の5つに分類されます。0期に近いほどがんが小さくとどまっている状態であり、IV期に近いほどがんが広がっている状態となります。)ごとの症例数を集計したものです。
「初発」とは、当院で当該腫瘍の診断、または初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他院を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
期間内に複数回の入退院があった場合は、一人の患者さんに入退院の回数をかけた延べ患者数となっています。
胃がん、大腸がんは、いずれも早期の治療としてはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)により内視鏡的に切除を行います。外科的手術が必要な胃がん、大腸がんは腹腔鏡下手術を積極的に適応しています。進行がんに関しては消化器内科、放射線治療科と連携し病状、病期、基礎疾患から患者さんに最善な治療を提供しています。
乳がん治療は、手術ともに、適応のある患者さんには遺伝子検査でがんの性質を判断し治療に役立てています。
肺がんは、ステージⅠ、Ⅱ、一部のステージⅢの患者さんを手術で治療しています。標準的治療は胸腔鏡下による肺葉切除術と系統的リンパ節郭清で、低侵襲で患者さんのお体に負担の少ない手術を心がけています。進行期や術後再発の肺がん患者さんには化学療法を行うとともに、早期から痛みの症状を和らげる緩和ケアを行っています。肝がん治療は、消化器内科、消化器外科と連携し、患者さんの肝臓の機能や大きさ・部位などで肝切除、肝動脈血管塞栓術(TAE(TACE))、ラジオ波焼灼療法(RFA)などから適切な治療法を選択します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 10.8 54.3
中等症 189 17.6 78.9
重症 55 27.2 81.9
超重症 18 33.4 81.7
不明
成人市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。重症度が上がるほど在院日数が伸びる傾向があります。また、高齢者ほど重症度が高くなる傾向があります。成人市中肺炎の治療は、軽症の場合は外来治療が基本となりますが、患者さんの状態によっては入院しての加療となる場合があります。当院にて成人市中肺炎が軽症でも入院患者さんを認める原因としては、当院の診療科が多岐にわたり、重症の基礎疾患を背景としている患者さんが多いことが考えられます。軽症の方が平均在院日数が少なく治りが早いことが分かります。

※市中肺炎
通常の社会生活を送っている中で発症した肺炎です。
(インフルエンザウイルスなどのウイルス性肺炎や食物の誤炎による誤嚥性肺炎などは集計対象外です)

※重症度
A-DROP(市中肺炎の重症度分類です)を用いて最大5点で分類しています。
点数が高くなると重症度があがります。
尚、重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」となります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD-10 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 3日以内 148 44.4 74.4 0.1%
その他 24 36.6 70.2 0.0%
脳梗塞の患者さんについて、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。脳血管疾患も死亡原因の上位に位置する疾患であり、脳梗塞の場合、早期に治療を行うことが効果的とされ、患者さんの多くは救急搬送されます。当院においては、そのほとんどが発症後3日以内に入院して治療を受けています。詳細は、脳神経内科の指標(2.診断群分類別患者数)をご参照下さい。

※ICD-10
  「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科別腫瘍手術トップ5とその術前、術後日数を示しています。
手術術式の点数コード(Kコード)による集計していますが、輸血関連(K920$)は除外しています。
術前日数は入院日から手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は手術日(手術日当日は含まない)から退院日までとしています。
それぞれ診療科の患者さんが実施された術式が掲載されていますが、診療科が主体的に行う術式が存在する診療科は消化器内科、循環器内科、腎臓内科、血液内科、外科、整形外科、産婦人科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科、心臓血管外科、呼吸器外科、形成外科、泌尿器科、眼科です。また、それ以外の診療科で実施されている手術は専門診療科で実施の手術です。

※Kコード
医科点数表で定められた手術のコードで、このコードに基づいて保険請求が行われます。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 255 1.8 2.0 0.01% 71.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 156 3.3 9.0 0.03% 72.2
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 105 1.2 7.7 0.00% 74.7
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 72 1.3 6.9 0.01% 70.1
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 65 2.2 7.9 0.01% 69.1
消化器内視鏡治療においては、大腸腺腫や早期大腸癌を対象とした内視鏡的粘膜切除術が最も多く、急性閉塞性化膿性胆管炎や悪性胆道疾患に伴う閉塞性黄疸などに対する内視鏡的胆道ステント留置術・内視鏡的乳頭切開術が多くなっています。早期胃癌に対する粘膜下層剥離術、悪性膵臓の疾患等に伴う膵管狭窄や、急性慢性膵炎に対する内視鏡的膵管ステント留置術も多く行っています。
糖尿病内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K0841 四肢切断術(肩甲帯)
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの)
全身疾患の検査入院中に大腸内検査を行うことがあり、その際に発見された大腸ポリープを切除しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 221 1.3 4.9 0.03% 75.1
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 197 1.6 3.6 0.01% 70.9
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 182 1.8 3.7 0.00% 70.4
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの) 129 2.2 5.6 0.01% 73.6
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 60 0.3 1.4 0.00% 71.0
バルーンおよびステントにて、冠動脈を拡張する心臓カテーテル治療(PCI)を積極的に実施しています。最も多い症例は末梢血管疾患に対する四肢の血管拡張術で、間欠性跛行の改善、下肢切断の回避等に効果を上げております。その次に多い手術は虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)に対する冠動脈ステント留置術、不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術と続いています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)
K496-2 胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術
入院患者さんが専門診療科にて実施された術式です。
膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満)
K0032 皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術(露出部)(長径3cm以上6cm未満)

 

 

K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K654 内視鏡的消化管止血術
膠原病疾患は、全身のあらゆる臓器に病変をきたすことが知られております。そのため、消化管検査を行う患者さんも多く、検査にてポリープが見つかったときには、当院消化器内科と連携し、治療を行っております。いずれも入院患者さんが専門診療科にて実施された術式です。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 14 8.4 3.5 0.01% 61.9
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植の場合)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)
K154-3 定位脳腫瘍生検術
血液内科では白血病や悪性リンパ腫などの血液のがんである造血器悪性疾患を多く診察しています。その治療のひとつに「自家末梢血造血幹細胞移植療法」があります。造血幹細胞を採取を行い、移植する手術が上位を占めています。

脳神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満)
K0812 人工骨頭挿入術(肘、手、足)
K150 脳膿瘍排膿術
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管の場合)
K178-4 経皮的脳血栓回収術
入院患者さんが専門診療科にて実施された術式です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 126 1.3 1.6 0.08% 69.4
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 45 6.0 15.0 0.01% 69.4
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 15 8.1 10.9 0.01% 69.7
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 4.6 5.5 0.00% 68.5
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
癌や肝疾患に伴う難治性腹水に対し積極的に胸水・腹水濾過濃縮再静注法を実施しています。続いて腎不全に対する内シャント設置術を多く実施しています。また、紹介患者さんに対しての適切な手術として経皮的シャント拡張術・血栓除去術や血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)を行っています。
老年内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1641 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜外のもの)
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
院内連携を図り、入院患者さんが専門診療科にて実施された術式です。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの)
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの))
K597-3 植込型心電図記録計移植術
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
救急搬送された患者さんの病状に応じ、緊急手術や処置を行ったものです。その後、専門診療科にて入院して治療を継続します。
外科・消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 134 1.9 4.2 0.02% 63.4
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 78 2.3 9.6 0.01% 71.3
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 75 1.1 2.7 0.00% 70.5
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 37 1.0 7.9 0.00% 73.9
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 37 1.8 14.8 0.00% 72.8
2017年度より、 肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設となりました。さらに各臓器とも、内視鏡下手術(腹腔鏡や胸腔鏡を用いた鏡視下手術)を積極的に取り入れ、2014年より新たに立体視できる3D内視鏡手術システムを導入し、より高度な手術を目指しています。症例数の上位は消化器疾患の胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して行う腹腔鏡下胆嚢摘出術、結腸の悪性疾患に対して行う腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術と鼠径ヘルニアの手術が続きます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 298 1.7 24.9 0.01% 71.1
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 79 5.3 23.3 0.01% 72.8
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 74 2.7 25.5 0.19% 80.0
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 48 2.1 14.2 0.03% 62.1
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 45 3.5 30.2 0.10% 80.5
関節の軟骨がすり減ったり、関節の骨が変形したりして他の治療で治らない場合は、股・膝関節の人工関節置換術を行います。脊髄の神経が通るトンネルが狭くなる脊柱菅狭窄症では、背骨の一部を固定する脊椎固定術や、神経の圧迫をとるため背骨の「椎弓」と呼ばれる部分や、靭帯の一部を切除して治療を行う椎弓切除術、椎弓形成術も多く施術しています。また手外科、外傷による骨折や靭帯損傷の手術と幅広く行っております。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股)
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝)
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)
院内連携を図り、入院患者さんが専門診療科にて実施された術式です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 377 0.4 2.0 0.01% 76.6
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 65 0.3 5.2 0.00% 68.9
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 18 0.8 2.4 0.00% 79.5
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 13 0.6 5.7 0.00% 68.9
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
診療科としては白内障に対する水晶体再建術が大多数を占めています。次いで網膜剥離などに対する硝子体茎顕微鏡下離断術が上位となっています。入院中において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしていますので、実際の手術件数と差異があります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 52 1.0 1.9 0.00% 39.9
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 41 1.3 9.6 0.00% 32.4
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 41 2.8 7.6 0.00% 33.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 37 1.8 5.3 0.00% 46.8
K877 子宮全摘術 22 2.6 8.7 0.00% 49.9
子宮頚部異形成等に対する子宮頸部(腟部)切除術、帝王切開術(選択・緊急)、卵巣のう腫等に対する子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)、子宮の良性腫瘍による子宮全摘術が上位となっています。また、子宮・卵巣の悪性腫瘍手術、腹膜腫瘍に対しても手術を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの)
稀に出生時に呼吸状態が悪くなる赤ちゃんがいます。その出生時に行われた術式です。
耳鼻咽喉科・ 頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 52 1.4 4.9 0.00% 52.3
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1.5 9.2 0.00% 25.6
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの) 31 1.0 2.4 0.00% 44.0
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 16 1.1 2.6 0.00% 66.3
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上) 15 1.2 6.7 0.01% 63.9
当科では、耳鼻咽喉科一般診療とともに、頭頸部の治療を行っています。喉頭・声帯疾患に対する手術を多く扱っているのが特徴で、そのほか頭頸部の腫瘍に対しては悪性・良性を問わずひろく扱っています。症例数の上位は、慢性副鼻腔炎に伴う手術、慢性扁桃炎に伴う口蓋扁桃手術、喉頭・声帯の疾患に伴う手術が続きます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 78 1.1 4.2 0.00% 72.9
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 30 1.1 3.8 0.01% 58.7
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 26 1.0 10.0 0.00% 68.8
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 23 1.0 10.3 0.01% 68.2
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 2.1 8.6 0.01% 72.2
膀胱悪性腫瘍に伴う経尿道的手術が一番多く、尿管の中にはまり込んだ結石あるいは腎臓の中の結石を破砕する手術が続き、次いで2014年より導入した手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いた腹腔鏡手術が多くなっています。拡大された3D画像を見ながら、人の手よりも精密に動く器具を用いることにより、がんの確実な摘出だけでなく、痛み・出血量の低減、入院日数の短縮などの治療成果が得られています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 38 0.3 2.8 0.00% 53.3
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 37 0.6 6.9 0.00% 77.9
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) 27 0.4 1.6 0.00% 54.7
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) 25 0.7 3.6 0.00% 46.4
K0021 デブリードマン(100平方センチメートル未満 24 2.2 18.0 0.00% 68.0
形成外科では主に、皮下腫瘍や腫瘍切除術、先天性疾患や顔面骨折などの手術を行っており、上位に皮膚、皮下腫瘍切除術が占めています。また、この他にも、瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイドなどといった治療も行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上のもの) 16 4.4 25.3 0.00% 69.4
K5551 弁置換術(1弁のもの) 15 6.7 23.6 0.00% 75.9
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(その他のもの)) 11 0.9 36.5 0.00% 71.5
K5542 弁形成術(2弁のもの)
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他のもの)
冠動脈バイパス術、心臓弁膜症手術、胸部・腹部の大動脈手術を中心に、侵襲性の少ないステントグラフト治療も行っております。いくつかの手技を同時に行う複合手術を行うこともあり、緊急手術も日夜を問わず行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 58 1.2 11.0 0.00% 71.4
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 30 1.2 10.0 0.00% 73.0
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 25 3.5 5.7 0.00% 41.5
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 17 1.2 8.9 0.00% 64.2
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 11 1.1 12.9 0.00% 71.0
胸腔鏡を用いた傷の小さい低侵襲手術を主に肺がんや気胸に対する手術を行っています。また、必要に応じて標準開胸手術も行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 0.4 14.5 0.00% 76.4
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 15 2.7 27.2 0.00% 67.8
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 1.6 69.1 0.02% 67.8
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 10 3.2 28.2 0.00% 69.5
K1742 水頭症手術(シャント手術)
脳血管障害や外傷による脳出血、脊髄脊椎疾患、脳動脈瘤、脳腫瘍に対する手術など、多岐にわたる脳神経外科疾患に対して様々な手術方法や血管内治療を用いて治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 25 0.17%
180010 敗血症 同一 16 0.11%
異なる 28 0.20%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 60 0.42%
異なる
重症患者が入院する急性期医療機関においては播種性血管内凝固症候群や敗血症という重篤な病態を呈する患者が存在することに問題はなく、その時の患者の状態により発症する疾患です。
※播種性血管内凝固症候群とはがん、白血病、細菌感染症などの病気がきっかけで全身の血管に血栓ができ、血管がつまりやすくなったり、出血しやすくなり止まりにくくなる疾患です。
※敗血症とは細菌感染症が全身の血管や組織に広がった状態を敗血症と呼びます。
当院の傷病名が播種性血管内凝固症候群や敗血症となった場合の主な入院契機病名は、呼吸器疾患、消化器系疾患、腎・尿路系疾患でした。
手術・処置などの合併症について、多くはDPC 病名と入院契機病名が同一である症例であり、人工物挿入による感染、人工血管の狭窄が多く占めています。

更新履歴

2016/09/29  機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

2017/09/29  機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

2018/01/13  初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数の数値を修正しました。

2018/09/29  機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

2019/09/30  機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

2020/09/29  機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

病院を知る

病院情報
医療費にお困りの方へ
交通アクセス
フロアマップ
関連施設について
大阪府がん診療拠点病院
病院実績/機能
臨床指標
講座・勉強会について
感染症・予防接種情報
広報からのお知らせ
病院ボランティア
済生会とは
済生会生活困窮者支援事業
地域とつながる
入札情報
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.