感染対策チームについて

はじめに

古代から人々はペストやコレラ、天然痘、麻疹(はしか)、結核などの感染症の流行に対してなす術がなく、感染症は多くの人の生命に関わる病気として恐れられてきました。その後20世紀に入って抗菌薬が開発されてからは、感染症は近い将来克服されるなどとも言われてきました。しかし抗菌薬に耐性のある細菌の出現、その耐性菌やインフルエンザなどの様々な感染症の院内感染、更にはSARSや2009年の新型インフルエンザ等の新たな感染症(新興感染症)の出現と世界的な流行など、21世紀に入って感染症は新しい局面を迎えつつあります。感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)は、医療感染関連感染の制御を目的として誕生し、今では殆どの病院等の医療施設に設置されています。

済生会中津病院 感染対策チーム(ICT)は2012年4月に正式に発足し、現在は少人数の実働性の高い専門家チームとして、感染管理に関する知識や資格を有する、医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師など約20名で構成されています。

医療関連感染の防止を目的とした情報の収集、データの分析および職員への啓発、また医療関連感染発生時には拡大防止のためより迅速に制圧に向けた活動を行うことを使命とし、日々活動しています。

ICTの組織図

ICTは院内の感染管理における最高決定機関である感染対策委員会の下部組織として位置づけられます。また、各部署に1名ずつ感染リンクナースが配置されており、ICTと現場とのつなぎ役として活動しています。

 

12_10中津

ICTの活動内容

ICTは毎月1回会議を行い、院内の感染対策についての検討を行っています。毎週水曜の午後2時からは各病棟を対象としたICTラウンドを行っており、そこでは耐性菌の検出された患者さんや感染症に関する相談のあった患者さんの感染対策や抗菌薬治療の妥当性などについて多職種で協議が行われます。

医療関連感染サーベイランス(◆1)に関しては、ターゲットサーベイランス(◆2)として耐性菌・手術部位感染・血流感染・人工呼吸器関連肺炎などの感染に関するデータ収集を行っています。またプロセスサーベイランス(◆3)として手指消毒薬の使用量調査や手指衛生タイミング調査も実施しています。

入院患者さんに感染の拡大が懸念される感染症が存在するかまたは新たに発生した場合、また院内で周囲への感染伝播が確認された場合は、感染拡大防止向けて可及的速やかに対策の指示を行います。

職員に対しては感染管理に関する相談の窓口となり、さらに感染管理教育も企画・開催しています。

毎月ICTニュースを発行し、感染に関する情報の普及・啓発に努めています。

 

  • 1「医療関連感染サーベイランス」・・・感染管理に関わる対策の立案や導入・評価に不可欠な医療関連感染に関するデータを、継続的、系統的に収集・分析・解釈し、その結果を改善すべく直接対策に関わる者に還元すること。
  • 2「ターゲットサイベイランス」・・・特定の医療器具や処置による特定の身体部位を対象にしたサーベイランス。
  • 3「プロセスサーベイランス」・・・感染の発生率を減らす過程で行われる様々な対策の実施状況のサーベイランス。

病院を知る

病院情報
医療費にお困りの方へ
交通アクセス
フロアマップ
関連施設について
大阪府がん診療拠点病院
病院実績/機能
臨床指標
講座・勉強会について
感染症・予防接種情報
広報からのお知らせ
病院ボランティア
各種メディア掲載
済生会生活困窮者支援事業
地域とつながる
入札情報
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.