済生会について

済生会の成り立ち

明治44年(1911年)2月11日、明治天皇は、時の総理大臣 桂太郎を召されて「恵まれない人々のために施薬救療(無償で治療すること)し、済生(生命を救済すること)の道を弘めるように」との済生勅語に沿えてお手元金150万円を下賜されました。桂総理はこの御下賜金を基金として全国の官民から寄付金を募って同年5月30日に済生会を創立しました。 以来今日まで、政治・経済・社会情勢の変化に伴い、存廃の窮地を乗り越えるなど幾多の変遷を経ながらも、済生会は創立の精神を引き継いで保健・医療・福祉の充実・発展に必要な諸事業に取り組んできました。 戦後、昭和26年(1951年)に公的医療機関の指定、同27年(1952年)に社会福祉法人の認可を受け、現在社会福祉法人恩賜財団済生会となりました。

済生会紋章の由来

nadeshiko

 

-生活に困窮し、社会の片隅で病んで伏している人はいないだろうか、いつも気にかかってしかたない- 初代総裁・伏見宮 貞愛ふしみのみや さだなる親王殿下が創立当時、上記のような「撫子なでしこ の歌」を済生会の事業に寄せられたのをちなみ、いつの世にもその主旨を忘れないようにと、撫子の花に露をあしらったものが大正元年より済生会の紋章となっています。

現在の済生会

済生会は、全国40都道府県で99の病院・診療所と、280の福祉施設等を運営し、59,000人が働く、日本最大の社会福祉法人です。昨年度は、2536万人が本会を利用されました。 次の三つの目標を掲げ、医療・保健・福祉活動を展開しています。

 

●生活困窮者を済(すく)う

●医療で地域の生(いのち)を守る

●医療と福祉、会を挙げて切れ目のないサービスを提供

 

活動の方針

済生会は、今後10年に行うべき事業の指針を定めた「基本問題委員会報告」、いわゆるマスタープランを、創立70周年から10年ごとに策定しています。平成23年(2011)5月30日の創立100周年を迎えるにあたり、22年12月に「第四次基本問題委員会報告」をまとめました。その報告に基づき、「中期事業計画」を策定しました。25年度を初年度とする5年間に、本会が進むべき方向性とその戦略的な目標及び実施すべき事業の計画です。100年を超す本会の歴史の中で、法人全体で中期事業計画を定めたのは初めてです。さらに、平成30年度からは第2期中期事業計画がスタートしました。

 

第四次基本問題委員会報告書 (PDF 1.49MB)

中期事業計画 (PDF 310MB)

第2期中期事業計画(2018~2022年度) (PDF 0.78MB)

済生会本部WEBサイト

済生会についてさらに詳しくご覧になりたい方は、済生会本部Webサイトをご覧ください。

 

病院を知る

病院情報
医療費にお困りの方へ
交通アクセス
フロアマップ
関連施設について
大阪府がん診療拠点病院
病院実績/機能
臨床指標
講座・勉強会について
感染症・予防接種情報
広報からのお知らせ
病院ボランティア
済生会とは
済生会生活困窮者支援事業
地域とつながる
入札情報
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.