当院医師の新型コロナウイルス感染症発症について

医療関係者向け - 患者さん向け - 重要なお知らせ 2020/11/18更新

11月9日、当院の腎臓内科勤務の医師Aが新型コロナウイルス感染症を発症しました。新型コロナウイルス感染症患者さんの診療にはあたっておらず、接触歴もなく、感染経路は不明です。当日直ちに当該医師と接触歴のあった職員全員のPCR検査を施行し、対象者が陰性であることを確認しました。しかしながら、1114日に新たに、当該医師とペアを組み入院診療にあたっていた別の腎臓内科医師Bが熱発し、1116日に新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明しました。

 

医師Aと医師Bが入院診療を担当していた患者さんに関し、1116日時点でのPCR検査ではすべて陰性ですが、念の為、他の患者さんとは隔離して入院していただいています。また、A医師は外来を担当していたため、感染可能な時期にA医師が外来で診察を行った患者さんには連絡を行い、PCR検査を施行しましたが、全員陰性でした。

他の当院職員に関し、AおよびB医師と濃厚接触したと考えられる職員はいないと判断していますが、これも念の為、これらの医師と接触時間の長かった職員は、PCR検査での陰性を確認の後、2週間の出勤停止としています。

 

このような対応に伴い、当該医師が入院患者さんを担当していた病棟への入院は、1127日まで中止としています。また、腎臓内科が担当する定期の血液浄化療法(人工透析)に関しては通常に運用しますが、緊急透析に関しては、腎臓内科医師のマンパワー不足が一過性に生じているため、制約が生じることが考えられます。ご迷惑をおかけいたしますことを、お詫び申し上げます。新型コロナウイルス感染の第3波による市中での感染が広まる中、当院では、引き続き院内感染予防の徹底に全力を注ぐ所存です。

 

令和2年11月17日

大阪府済生会中津病院 病院長 川嶋成乃亮

医療関係者向け

病院を知る

全体
医療関係者向け

重要なお知らせ

採用情報

診療科トピックス

患者さん向け

社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.