事務部門 -がん診療支援センター-

がん診療支援センターの事務部門では次のような業務を担当しています。 

院内のがん診療の取りまとめ役

IMG_1956

院内ではキャンサーボードと呼ばれる、多くの診療科の医師や多くの職種(メディカルスタッフ)により患者さん一人一人の治療方針を相談する検討会を定期的に開催しています。この開催のための準備(会場設定、必要資料の作成など)と運営は、当センター事務部門の担当です。

がん登録や、開業医の先生方と協調して行う緩和医療のためのクリニカルパスの運用などは、それぞれ他部門(医療情報部や地域医療連携センター)が中心になって行っている業務ですが、院内でスムーズにこれらが行えるように、少しでも調整ができるように、と当センター事務部門も僅かですがお手伝いしています。

行政との連携

大阪府や大阪市などは、行政としてがん診療をさまざまな形で援助したり規制したりしています。大阪府がん診療拠点病院の認定などもそのひとつです。事務部門は、このような行政とのやり取りの窓口となっています。具体的には、各種の会議へ病院の代表として出席したり、大阪府がん診療拠点病院の認定を得るために院内各部署のデータを集計して報告書を作成したりしています。

他の医療機関との連携

医師に対する緩和ケア教育プログラム(PEACE)に基づいた緩和ケア研修会の開催を、他の医療機関と共催で行っています。

がん診療支援センター内の事務的作業

がん診療支援センターを運営する上で必要な事務的作業を担当しています。IMG_1950

 

がん診療支援センター

診療部門を見る

外来担当医表
診療科
診療科サポート部門
がん診療支援センター
看護部
産科病棟
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.