Q&A -脳神経内科-

脳神経内科は大脳、中脳、小脳、脳幹、脊髄、末梢神経、筋肉にいたるまで、全身の神経系統に関連した病気を診察、治療する科です。難病や経過の長い病気も多く、治療法が確立されていない病気もありますが、医学の進歩とともに治療可能な病気も増えています。できるだけ最新の治療も取り入れつつ、症状だけでも緩和できるような、患者さんに優しい医療を目指してサポートできればと考えています。

その中でもよく患者さんから聞かれるご質問について、簡単にまとめましたのでご覧ください。

IMG_2456

 

Q1.「脳神経内科」ってどんな病気を治すところなのですか?

脳神経内科は精神神経科といまだに混同されることがありますが、精神神経科は精神科のことであり、主として器質的異常を伴わない、精神の異常(うつ病、神経症、パニック障害、ヒステリー、統合失調症など)を扱う科であるのに対し、脳神経内科は中枢神経から脊髄、末梢神経、筋肉にいたるまでの神経系の器質的、機能的異常によりおこる病気を内科学的な立場から診断、治療する科です。『あたまを中心に神経系を診る内科医』と考えてください。具体的には、脳血管障害(脳梗塞、軽微な脳出血、ビンスワンガー病など)、神経変性疾患(パーキンソン病、多系統萎縮症、ハンチントン舞踏病、脊髄小脳変性症、運動ニューロン病など)、認知症(アルツハイマー病、前頭側頭葉型認知症、正常圧水頭症など)、感染症(脳炎、髄膜炎など)、発作性疾患(てんかん、偏頭痛など)、脱髄性疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎など)、脊髄疾患(痙性対麻痺、HTLV-1関連性ミエロパチーなど)、末梢神経障害(ギラン・バレ症候群、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、遺伝性末梢神経障害など)、筋疾患(重症筋無力症、多発性筋炎、筋緊張性ジストロフィーなど)多岐にわたります。いずれも症状から神経系のどのレベルに障害があるのか局在診断を行い、神経学的検査、画像検査、電気生理検査などの手法を用いて病変部位の同定を行います。また、神経免疫疾患や膠原病、悪性腫瘍、血液疾患など内科疾患に関連した神経障害も多く、熟練した神経内科専門医が的確かつ迅速に診断し、必要な治療を行います。また、難病を多く扱う科でもあり、在宅介護、療養型施設との連携を密にしてきめ細かな長期的なフォローを行っていく必要があります。
神経疾患は一般の内科医には難解な部分も多く、信頼できる神経内科専門医の受診をおすすめします。

Q2.時々手足がしびれることがあるのですが・・・

一般にしびれ、といいますが、それが感覚障害なのか、運動麻痺なのか、きちんと伝える必要があります。症状が両側で左右差がなく、手足の先にある場合(手袋と靴下を履いたような分布)の多くは糖尿病や薬物による副作用(抗がん剤など)による末梢神経障害です。左右対称性でなく、右足は足の裏、左足は足の甲、といった具合にしびれる場合は膠原病や変形性腰椎症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などを考えて、電気生理学的検査、血液生化学的検査を受ける必要があります。まれに悪性腫瘍に関連してしびれが出ることもあり、注意が必要です。左手足のしびれ、など半身の症状の場合は脳卒中などの中枢神経病変を疑いますので、速やかに受診するようにしてください。多発性硬化症や脊髄梗塞、脊髄炎などの脊髄障害では両(手)足のしびれ、つっぱりが出現し、障害レベルでは体幹を帯で締め付けるような感覚が出現することがあります。

Q3.最近物忘れがひどくなっているような気がするのですが・・・

アルツハイマー病をはじめとする認知症は物忘れで発症することが多く、昔の記憶はあるが、新しいことを覚えられない、といった近時記憶障害が特徴です。進行すると本人は呆けてきた自覚がなく、介護する家族が困って連れてくることが多いです。治療薬はアリセプトのほか、最近承認されたメマリー、レミニールなどの薬を使うことで、認知障害、周辺症状(怒りっぽい、興奮しやすいなど)の改善が期待できます。歩行障害、嚥下障害などを合併している場合は脳血管障害性認知症のこともあります。アルツハイマーと脳血管性認知症が合併している場合もあります。また、正常圧水頭症では認知障害のほか、歩行障害、尿失禁などの症状があることが多く、頭部CT,MRIなどの画像検査、髄液検査(タップテスト)などを用いて診断できます。この場合、脳室―腹腔シャント、腰椎―腹腔シャント術などの脳外科的手術を行うことで症状の改善が期待できます。

Q4.認知症になりやすいタイプとかあるのですか?

アルツハイマー病の場合、アポリポ蛋白遺伝子(ヒトではE2, E3, E4の3タイプがある)型により、発症のしやすさに差があると報告されています。一般にE2があると発症しにくく、E4があると発症しやすいといわれています。ほかにも原因蛋白であるアミロイドβやタウの遺伝子異常も家族性アルツハイマー病や前頭側頭葉型認知症の患者さんでみつかってきています。つまり、両親、家族に認知症の病歴がある場合は認知症になりやすい傾向があり注意が必要です。また脳血管障害性の場合は既往に高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などがあることが多く、生活習慣病の見直しが必要です。特に糖尿病はアルツハイマー病の危険因子でもあり、予防が重要です。

Q5.最近「めまい」や「耳鳴り」がすることが多いのですが・・・

めまいは大きくわけて回転性と非回転性(動揺性)の2つがあり、回転性の場合は耳鼻科的疾患によることも多く、内耳にある前庭(三半規管)の異常で起こります。めまいの救急で多いのは内耳性(回転性)で、一般に症状は激烈で嘔吐を伴い、景色がグルグル回って見えることが特徴です。多くは頭位変換性めまいや、前庭神経炎で、一過性のめまいであり、長くても数十秒~数分程度でおさまってきます。メニエール病などでは音も聞こえにくかったり、耳鳴りを伴うこともあります。もちろん、脳卒中などでも回転性めまいは生じますが、一般に内耳性より症状は軽く、ろれつ障害やふらつき、手足、顔面のしびれ、麻痺を伴うこ とも多く、持続時間も長くて数分から数十分続く場合もあります。この場合はMRIなどによる精密検査が必要です。 

非回転性(動揺性)めまいは脳卒中(多発性脳梗塞など)や薬剤性(睡眠薬、精神安定剤、抗てんかん薬など)、炎症性(小脳炎、フィッシャー症候群など)中枢神経病変を疑いますので、脳神経内科の受診をお勧めします。

脳神経内科 | コンテンツ一覧

脳神経内科

診療部門を見る

外来担当医表
診療科
診療科サポート部門
がん診療支援センター
看護部
産科病棟

診療受付時間

  • 午前8:30~11:30
    (再診受付機8:00~)
  • 午後予約診療のみ

※診療開始時間は9:00~
※土曜日は午前診のみ

  • かかりつけ医について
  • 紹介状について
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.