Q&A -老年内科-

Q1.「老年内科」ってどんな症状を診てくれるのですか?

加齢とともに、体の色々な場所に体の不調が出てきやすいため、どうしてもたくさんの診療科に別々に受診されることが多くなると思います。ところが、それぞれの診療科の医師が良かれと処方したお薬が、色々な科から別々に加わると思わぬ副作用や体調の悪化が生じます。また、高齢になるほど若いときと同じような治療法はかえって毒になることもあります。このような加齢に伴う心や体に伴う変化を十分加味して診療を行う専門科が老年内科です。加齢によって出現しやすい症状はたくさんあり、同じことをよく聞く、時々ぼんやりしている、手足がしびれる、歩行がおかしい、熱がよく出る、トイレに失敗する、食欲がない、体重が減ってきている、よくこける、家から出たがらない、など、今まで、“年のせい”と漠然と思われていた症状に対して的確に診断し加療方針をお伝えいたします。病名に関係なく、生活に支援が必要になった方は、介護保険サービスの導入が必要です。そのためのアセスメントを積極的に行い、在宅医、訪問看護士、ケアマネージャーなどの医療関係者との連携にて、患者さんがお家でできるだけ長く生活をしていただけるように一緒に考えるのも当科の大きな役割です。老年内科を専門として診療する医療機関は、現在のところ大学病院が主なものです。当科は、2008年に、大規模市中病院としては先駆け的に専門診療科として診療を開始し、その必要性を認めていただいた患者さんとその家族の方は年々増加しております。先に述べた症状以外にも、どこで相談して良いかわからない症状やたくさんのお薬でお困りの方は、一度当科にご相談ください。お近くの老年内科医(老年病専門医)は、日本老年医学会のホームページをご参照ください。

Q2.「老年」とはだいたい何歳以上をさしているのですか?

老年症候群と呼ばれる、加齢とともに現れやすい症状があり、それらは75歳以上でその頻度が高くなります。それらの症状に対する診療を得意としていますので、主に75歳以上が診療対象ですが、特に受診される場合は年齢を考慮する必要はございません。年齢そのものより以下の項目が要注意項目とされています。

  1. 元気がないと感じるようになった
  2. 握力が落ちた
  3. 体重が減っている
  4. 歩く速さが遅くなった
  5. 外出しなくなった

これらの内、3つ以上が当てはまるようなら、加齢の影響が正常より強く出ている可能性があります。放置していると生活に支障が出てくることもありますので、当科にてご相談ください。

Q3.最近、「物忘れ」がひどくなってきたのですが・・・

物忘れは、年齢とともに出現する健忘症と、病気として対処が必要な認知症のはじまりの場合があります。それらを症状からだけからは区別ができないこともありますし、認知症であった場合は、薬の内服で進行を遅らせたり、手術でよくなったりする場合がありますので、早期の診断が望ましいです。早期診断は必ずしも容易ではなく、かかりつけ医があっても気付かれていない例や、他施設で異常なしとされた方が、実はその時から認知症であったことが強く疑われる例を数多く経験しています。受診は、老年精神医学会か認知症学会専門医(当科)を標榜している医師を受診していただき、ご相談ください。尚、受診の際は、患者さんご自身からのお話以外に、患者さんの日頃の様子を知っている方からのお話もお聞かせいただくので、家族もしくは知人と受診するようにしてください。

Q4.認知症とアルツハイマー病は違うのですか?

よくお聞きするご質問です。認知症は、原因に関係なく、脳の働きが衰えてきたことによって、生活や仕事に支障がでてきたことに対する病気の総称です。原因として一番多いのが、アルツハイマー病であり、約100年前に患者さんを報告したドイツの医師アルツハイマー氏の名前をとって名づけられています。アルツハイマー病は、神経細胞の脱落のために脳のはたらきが衰える病気であり、最初に出現するのが物忘れです。他の原因として、脳卒中、頭部外傷後遺症、ビタミン欠乏、正常圧水頭症、パーキンソン病などがあり、原因に応じた治療方針が立てられます。認知症といっても、その原因疾患が何かによって、これからの病気の経過や治療法は異なるのでご注意ください。また、同じアルツハイマー病の方でも、個人の身体の様子やお住まいの環境、介護の方法などによってその症状や経過は異なります。その方に合った体の病気の治療と介護も病気を進行させない重要なポイントになることがわかってきています。

老年内科

診療部門を見る

外来担当医表
診療科
診療科サポート部門
がん診療支援センター
看護部
産科病棟

診療受付時間

  • 午前8:30~11:30
    (再診受付機8:00~)
  • 午後予約診療のみ

※診療開始時間は9:00~
※土曜日は午前診のみ

  • かかりつけ医について
  • 紹介状について
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.