放射線技術部

概要

放射線技術部はエックス線など電離放射線やMRIなど非電離放射線を用いた多種多様な検査を行い、より良い診療、治療を患者の皆様が受けられるように、的確で高品質な診療画像情報の提供に日々務めています。

また、放射線技術部の画像データを全て電子化し、院内の端末で参照、確認ができるシステムの構築により、画像配信や過去の画像の検索を容易にし、診療を支援しています。

一般撮影(エックス線撮影)・透視検査

一般撮影とは

一般撮影(エックス線撮影)は、健康診断や疾患さんに対する初期診断に多く用いられる撮影です。

一般撮影では、さまざまな部位の撮影が可能であり、胸部(肺)・腹部・全身の骨・歯・乳房などが撮影対象となっています。

当院は従来からあるCR撮影(コンピューテッド・ラジオグラフィー)装置に加え、平成24年1月に最新型FPD撮影(フラットパネルディテクター)装置を導入しました。この装置はオートマティックシステムにより検査時間の短縮、写真画質の向上、被ばく低減ができるようになりました。

4室ある一般撮影室に加え、撮影室まで移動が困難な患者さんに対応できるよう移動式エックス線撮影装置(ポータブル装置)も3台稼働しています。

※撮影内容・部位によって撮影室が異なりますので順番が前後する場合があります。ご了承ください。

 

130928_459

130928_460

 

エックス線撮影検査を受けられる方へ

エックス線撮影を撮るときにプラスチックや金属等があると写真に写り込み、診断に支障をきたす場合がありますので、必要に応じて検査着に着替えていただくことやとりはずしていただくことがあります。
例:ボタン・下着(ブラジャー)・ファスナー・服の飾り・入れ歯・湿布・ネックレス・ピアス・指輪等
妊娠中またはその可能性がある方はお申し出ください。

 

被ばくについて

一般撮影での放射線被ばくは非常に少なく身体に対する影響はほとんどありません。
できるだけ被ばくを減らすよう努力していますので安心して検査を受けていただけます。

 

透視検査とは

エックス線を連続あるいは断続的に照射することによって、臓器の動きや形の変化をリアルタイムで見ながら行う検査です。当院では透視撮影装置が2台稼働しており、さまざまな疾患の診断や特殊な治療に使用しています。
代表的ものとして造影剤(バリューム)を使用して、胃の形や動き・疾患の有無などを見る胃透視検査・大腸を調べるための注腸検査等があります。
治療として、術後の検査・関節の脱臼整復や胆石の除去等にも用いられます。

乳房検査

乳房検査では乳房エックス線撮影装置(マンモグラフィー)を用いて、触診では分からない初期の病変を発見することが出来ます。特に超音波では発見しにくい微小石灰化や乳管拡張病変の描出には欠かせない検査となっています。
健康診断等で要精査と診断された患者さんの精密検査である拡大撮影等も行っています。
当院ではマンモグラフィ検診施設画像認定を取得しております。また、撮影はすべて女性技師が行っており、安心して検査を受けて頂けます。

CT検査

130928_454

130928_457

 

当院では3台のマルチスライスCTが稼動しています。特に最新鋭CT装置(320列CT)は広範囲を一瞬で撮影する事が出来、心臓や脳血管の検査も従来よりも短時間で、しかも少ない量の造影剤で検査する事が可能となり、患者さんの負担が軽くなりました。撮像のための息止め時間も短縮され、動きによる“ぶれ”が少ない画像を提供する事が出来るようになりました。また、必要に応じて画像処理を施して3次元像を構築し、より質の高い診断に寄与しています。

CT室では、診断の質を高める為に常に医師と技師が意見を交換しながら検査を施行しています。また、可能な限り緊急検査にも対応し、安全且つ早急な検査施行を心がけています。

MRI検査

MRI検査とは、磁場と電磁波を利用して体内の臓器や血管などを撮影する検査です。特に、脳、脊椎、関節、骨盤などの病変の描出に優れています。

当院では、GE社製1.5T(テスラ)MRI装置2台で全身の様々な検査に対応しています。

検査室内は大変強い磁場になっていますので、検査着に更衣していただく際に金属類などはすべて取り外して頂きます。

妊娠の可能性がある方や体内に金属が入っている方は事前にお知らせください。

また、閉所恐怖症があるなど、不安な点があれば撮影担当技師に御相談ください。

安心して検査を受けていただけるようスタッフ一同で努めてまいります。

kikai

血管撮影検査

血管撮影とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、エックス線透視画像を観察しながらカテーテルを目的の血管まで進め、造影剤を注入しながら高速連続撮影を行う検査です。血管やその支配臓器の病気の診断に有用です。さらに当院では血管撮影の手技を利用した様々な血管内治療も行っています。

循環器領域では心臓を栄養している冠動脈や四肢の末梢動脈、シャントなどの治療、不整脈の検査や治療などを行っています。また、腹部領域では出血に対するTAE(動脈塞栓術)や腫瘍に対する動注化学塞栓療法などを行っています。

当院の血管撮影部門は、各科の医師(主に放射線診断科、循環器内科、脳神経外科)、看護師、診療放射線技師、臨床工学技士がチームを組んで業務を担当し、年間約1300例の検査や血管内治療を行っています。

血管撮影装置は循環器用2台と頭部、腹部用1台の計3台設置しています。3台の内1台はバイプレーン(同時2方向撮影)装置なので、造影剤量を減らしての撮影や、難易度が高い血管内治療に有効です。

 

P8160122

P8160124

 

骨塩定量検査

当院では世界で最も信頼されている米国ホロジック社の最新の骨密度測定装置Discovery(ディスカバリー)の導入により、従来の装置とは比較にならないほど、正確にかつ安全に検査ができ、骨粗しょう症の診断を行うことが出来ます。

※骨粗しょう症とは、骨に‘す’が入り、腰痛や骨折の原因となる病気です。その診断に、正確な骨密度測定装置による早期発見がとても大切です。

 

骨密度測定装置の特長

  • 極めて少ないエックス線を利用しているので、女性の方でも安心です。
  • 着衣のまま仰向けにベッドに横になるだけで、痛みもなく簡単に測定できます。
  • とてもスピーディーに検査できます。(検査する部位により異なります)
  • 検査データは保存されますので、定期的な検査で、正確な診断が行えます。

核医学検査

核医学センター

核医学検査とは、ガンマ線という放射線を放出する少量のお薬(放射性医薬品)を注射又は吸入、内服し、検査用のベッドに横になっている間に、専用のカメラ(ガンマカメラ)で体の中の様子を画像にする検査です。

お薬によって臓器に集まる時間がそれぞれ違うために、投与後すぐに検査が出来る臓器と、時間を空けてから検査する臓器があります。長いものでは、投与から7日後に検査をする臓器もあります。

また、注射されたお薬は一度目的の臓器に集まりますが、体から外に排泄されることや、放射線を放出する能力が時間とともに弱くなってしまうために、早いものでは数時間で放射線を出す能力が弱くなり、やがて体内から無くなります。

当院では、ガンマカメラとCTが一体になった最新のSPECT/CTが導入され、核医学検査による機能情報や代謝情報と、CTによる形態情報を同時に知る事が可能になり、さらに精密な検査が出来るようになりました。

当院のSPECT/CT

GE社製

DSCF1199

DSCF1200

PETセンター

PET検査については、PETセンターの項目をご参照ください。

放射線技術部 | コンテンツ一覧

放射線技術部

診療部門を見る

外来担当医表
診療科
診療科サポート部門
がん診療支援センター
看護部
産科病棟

診療受付時間

  • 初診の方
    再診で予約のない方

    午前 8:30~11:30
    (再診療受付機8:00から)
  • 再診で予約のある方
    ご予約の診療時間までに
    受付をお済ませ下さい。

※完全予約制・午前予約診の診療科
 がありますので、
 「外来担当医師一覧」をご覧ください。
※耳鼻咽喉科、形成外科は診療時間が
 異なります。各診療科ページよりご確
 認ください。
※ご不明な点は、各診療科にお問い合
 わせください。
※詳しくはこちら

  • かかりつけ医について
  • 紹介状について
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.