がん地域連携クリニカルパス

当院では、より良い医療と安全を提供する地域完結型医療を目指し患者さんを中心に地域の医療機関が情報交換を行いながら協同して診療にあたる【がん地域連携クリニカルパス】に取り組んでいます。

がん地域連携クリニカルパスとは

地域の先生方とがん診療連携拠点病院(当院)の医師が、患者さんのがんの治療経過を共有できる「治療計画書」のことです。 患者さんが退院後に病状が落ち着いた時点から地域の先生方が日々の診察・投薬・検査を担当し、当院が節目の診察・検査を担当します。これにより、医療機関の機能分化が図れ、地域医療の均てん化が進みます。 患者さんの利点としましては、主治医が複数になることにより、きめ細やかな診療を受けることができます。また、患者さん自身が治療計画や経過が把握でき、通院時間の短縮などによる身体的な負担軽減や地域の先生方による手厚い診療により、患者さんの不安解消などにもつながります。

 

renkwipasu

 

当院では、下記のがん地域連携クリニカルパスを運用しております。

・胃がん地域連携クリニカルパス

・大腸がん地域連携クリニカルパス

・乳がん地域連携クリニカルパス

 

【がん地域連携クリニカルパス】による当院への診療情報提供に対し「がん治療連携指導料」(情報提供時300点)の算定が可能で、算定には当院への登録と近畿厚生局への施設基準の届出が必要となります。登録をご希望いただきますと、当院より近畿厚生局に連携先登録の届出を行い承認後算定が可能となります。詳しくは病診連携室にお問い合わせ下さい。

地域の先生方へ

地域連携
紹介について
がんについて
ダウンロード書式
連携センター便り
地域医療連携勉強会
市民講座
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.