社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会 | 中津特別養護老人ホーム 喜久寿苑 | 採用情報

スタッフ紹介

01
 

乾 裕佳

介護福祉士

 

自分の成長を実感できる職場です。

喜久寿苑に入職し6年目になります。入職した当初は不安な気持ちでいっぱいでしたが、先輩方のフォローや助言、入所者さんの声に助けられ、あっという間に6年が経ちました。

忙しい毎日ですが、入所者さんとの時間を大切に、笑顔で働くことを心がけています。喜久寿苑はプリセプター制度を導入しており、マンツーマンでの指導を取り入れているので、不安な気持ちや悩みも相談できます。又、外部研修にも積極的に参加させてもらえるので、学びも増え、自分の成長を実感できる職場です。

 

 

nitta

 

新田 光

寮棟副長・介護福祉士

人生の最期まで携われる事に生き甲斐を感じる職場です。

私は、終身介護に携わりたいとの強い思いから喜久寿苑に入職しました。入所されている方は施設を終の棲家として、自宅と同様の考えで最期を迎えたいという方が多いです。また少なからず「死」について考えており、様々な不安感や孤独感を抱えられています。しかし日々の関わりから信頼関係を築き、寄り添うことで入所者さんに安心感を持ってもらえます。終末期のケアを通して、「いかに穏やかに最期まで過ごしてもらうか」と考え、「死」に向き合うことで、人間としてまた専門職としても成長を感じています。月、数年を共に生活し、人生の最期まで携われる事に生き甲斐を感じる職場です。

inui
 

中島 禎裕

ケアマネジャー

 

入所者さんの立場に寄り添うことの出来るとてもやりがいのある仕事です。

私の仕事は、サービス担当者会議やケアプラン作成が主であり、入所者さんやご家族の想いに耳を傾けるように心がけ、信頼関係を築くようにしています。入所者さんの支援方法について他職種と話し合い、時には意見が食い違うこともありますが、その人にとって最も適切な支援方法を検討しています。

他職種との連携や調整を行うことは大変ですが、入所者さんやご家族からいろいろな話を伺い本音を引き出すことで、入所者さんが活き生きとした生活を取り戻し、良いケアに繋がります。入所者さんの立場に寄り添うことの出来るとてもやりがいのある仕事です。

 

bessyo

 

別所 正美

医務室長・看護師

入所者の方々の笑顔が何よりの癒しです。

中津病院の病棟で7年勤務した後、異動となりました。はじめは医療と介護の現場の違いに戸惑いの連続でした。ケアマネジャーと看護師の両方の立場から介護について学ぶ機会をいただき、今は介護の現場で看護の力が生かせていることに喜びを感じます。現在は超高齢化社会といわれています。入所されている方々は重度の要介護状態に加えて、ほとんどの方が慢性疾患を抱えておられます。高齢の方にとって病気=治療だけが必ずしも最善の方法ではないと思います。御本人にあまり負荷をかけることなくうまく病気と付き合い、どうすれば毎日を穏やかに過ごしていただけるか、介護員はじめ他職種のスタッフと協力しながらケアを考えています。入所者の方々の笑顔が何よりの癒しです。

社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会 中津特別養護老人ホーム喜久寿苑
〒530-0012大阪市北区芝田二丁目10番39号TEL(06)6372-1001(代表)FAX(06)6372-1075
(c)2001-2015 kikujuen All rights reserved.