済生会中津病院 産科

外回転術~逆子ちゃん戻った??~

 2018/05/28更新

こんにちは

うがちゃんです

 

今日は外回転術についてお話しようと思います。

 

中津病院で働いている(もう産休中ですが)助産師が

逆子ちゃんということで、今回外回転を行いました!

 

外回転術とは、赤ちゃんが逆子のときにお腹の外側から

逆子ちゃんをなおす方法として行われます。

 

逆子ちゃんだと基本的には帝王切開となるのですが、

今回うちの助産師は

 

「助産師として陣痛の痛さを体験して産みたい!!!」

ということで外回転術を受けました。

 

エコーでしっかりと赤ちゃんの向きを確認して

1

 

このあと主治医の先生、部長先生などの手により

お腹の外から赤ちゃんをまわします。

 2

が、なかなかの頑固者…

おしりがはまり込んでいてはなかなかまわらないため

3

一旦猫のポーズで休憩。お母さんの頭側に赤ちゃんを寄せます。

このポーズが効きました!

 

 

お母さん・赤ちゃん、主治医先生・部長先生など多くの先生の協力、

そして先輩後輩たくさんの応援のもと大成功!

 

 

 

今からお産が楽しみです!

産科ブログ

看護部

病棟案内
入院生活
退院後のケア
よくある質問
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪府済生会中津病院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 TEL(06)6372-0333(代表)FAX(06)6372-0339

(c)2001-2015 Nakatsu Hospital All rights reserved.