社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪乳児院 | 乳児院について

乳児院の紹介

乳児院ってなに?

20160413済生会中津病院012

 

様々な事情により家庭で暮らすことができなくなった、0歳から概ね2歳までの赤ちゃんや子どもたちが暮らす施設です。保育士、看護師、医師、管理栄養士、心理士・・・といったような、たくさんの専門のスタッフがチームとなり、24時間体制で赤ちゃんや子どもたちの毎日の生活と健康を、家庭に代わって、しっかり見守り育てます。
 
 保育園との一番の違いは、赤ちゃんと子どもたちの「生活の場・家庭」となることです。お腹が空いたらミルクをもらいご飯を食べ、おしっこやウンチをしたらオムツを取り替えてもらい、お風呂に入って清潔にしてもらい、寒い時にはあったかい洋服を着せてもらう、怖い思いをしたらなぐさめてもらい、楽しいことがあったら一緒に喜んでくれ・・・そうした、“生活”が乳児院にあります。こうした日々の何気ない瞬間、やり取りの積み重ねを通して、赤ちゃんや子どもたちにとって、乳児院は“安心できる、もう一つの家”として、一人ひとりの成長と発達をしっかり支えています。

スタッフの願い

20160413済生会中津病院055 20160413済生会中津病院138 20160413済生会中津病院083

 

 赤ちゃんが、こころも身体も元気にのびのび育つこと。そして、明るく元気に笑顔いっぱいの日々を過ごすこと。それが乳児院スタッフの願いです。子どもたちにとっては、関わるすべてのスタッフが自分を守り愛してくれる親代り。笑って泣いて、また笑う、・・・そんな乳児院での毎日の生活、職員や大人との関わりを通して、“大切にされている”という思いが、子どもたちのこころに芽生え、元気に育つ拠り所になってくれればと思います。

 

 特に、大阪乳児院では、済生会中津病院が併設されていることもあり、他の乳児院と比較すると、障がいを持つ赤ちゃん、子ども達がいることも珍しくありません。障がいを持っていても、そうでない子どもたちに負けじと元気いっぱいです。健康面でのケアをしっかりするのはもちろんのこと、医療的な観点からの関わりだけでなく、“育てる”一つの家庭であるということを十分に理解して、子ども達の“力”を支えていきたいと考えています。

 

済生会中津 大阪乳児院

乳児院について
子どもたちの生活
育て・育ちのサポート
スタッフの声
すこやかだより
よくあるご質問
乳児院からのお知らせ
交通アクセス
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会 大阪乳児院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 Tel:06-6372-1602 Fax:06-6373-0350
(c)2001-2016 Nakatsu Hospital All rights reserved.