社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会|大阪乳児院 | 育児サポート

子どもたちへのサポート

臨床心理士より

20160413済生会中津病院045

children01

 

赤ちゃんや子どもたちは、自分を育ててくれる大人との関わり、やり取りを通して、育っていきます。心理士は、赤ちゃんと、育てる大人とが、スムーズにやり取りできるよう、赤ちゃんや子どもたちと、育てる大人がともに安心して過ごせるような“環境づくりをサポートする仕事”です。

臨床心理士の仕事内容

赤ちゃんや子どもたちは、自分を育ててくれる大人との関わり、やり取りを通して、育っていきます。心理士は、赤ちゃんと、育てる大人とが、スムーズにやり取りできるよう、赤ちゃんや子どもたちと、育てる大人がともに安心して過ごせるような“環境づくりをサポートする仕事”です。

 

具体的には…

赤ちゃん、子どもの発達段階と個性の把握は必要不可欠ですので、定期的に発達の様子を確認します。発達検査だけでなく、子どもと大人の日常生活での場面や、お出かけや行事などの、ちょっと特別な時間にもお邪魔して、子どもたちの成長の跡を見させてもらいます。物怖じせずになんでもやってみることが多いな、逆にとりあえず不安で大人の影に隠れるなといった、一人ひとりの個性を把握し、より成長を促す関わりのポイントを探ります。
また、定期的にカンファレンスを行い、スタッフ全員で、子どもの成長を目指した目標を決め、取り組みを工夫しています。

済生会中津 大阪乳児院

乳児院について
子どもたちの生活
育て・育ちのサポート
スタッフの声
すこやかだより
よくあるご質問
乳児院からのお知らせ
交通アクセス
社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会 大阪乳児院
〒530-0012 大阪市北区芝田二丁目10番39号 Tel:06-6372-1602 Fax:06-6373-0350
(c)2001-2016 Nakatsu Hospital All rights reserved.