学校紹介

沿革

 済生会は明治天皇がお手元金を下賜され「恵まれない人々のために施薬救療事業を起こすように」とのお言葉(済生勅語)を受けて創立されました。これにより大阪府済生会病院(現済生会中津病院)は大正5年に設立され、診療を開始しました。そして2年後の大正7年に附属看護師養成所として看護師教育が開始され現在に至っています。
 長い歴史の中で、途絶えることなくその時代の人々のニーズにこたえながら看護職の養成を行ってきました。


教育理念

 済生会設立の理念である「救療済生愛の精神」を基盤とし、豊かな人間性と社会性を養い、看護職として必要な専門的基礎知識と技術を身につけ、看護実践を通して保健・医療・福祉に貢献できる人材を育成する。


特色

(1)看護技術の修得にあたっては、細やかな指導ができるように、少人数グループによる指導体制をとっています。

(2)指定規則で定められている教科以外に、1年次の野外研修、3年次の看護ゼミナール旅行、センター内でのボランテイア活動などの内容を行うことで、人間性豊かな学びができます。

(3)臨地実習は、隣接する中津医療福祉センターで主に行います。済生会中津病院をはじめ、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、大阪乳児院、医療型障害児入所施設、訪問看護ステーション等の医療・福祉のネットワークの中で豊かな学びができる環境にあります。


卒業後の資格
  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師専門学校受験資格