外観

ごあいさつ

安心、安全の治療を目指しています。 

安心して手術に望んでいただけるよう、医師、看護師のみならず、理学療法士(リハビリ)、臨床工学士、管理栄養士、薬剤師、等の多職種チームで安全な治療を目指しています。
心臓弁膜症手術、冠動脈バイパス術(心拍動下手術を含む)、胸部大動脈手術(解離性大動脈瘤を含む)、腹部大動脈手術を中心に、ステントグラフト治療等最新医療を積極的に取り入れつつ、重症例を含め、幅広く手術をおこなっています。

◆心臓血管外科専門医認定機構修練施設

心臓血管外科部長
中桐 啓太郎

 
 

診療内容

分類 具体的な病名
虚血性心疾患 狭心症、心筋梗塞、その他
心臓弁膜症 大動脈弁疾患、僧帽弁疾患、三尖弁疾患、Maze 手術 その他
先天性心疾患 成人心房中隔欠損症、その他
大動脈疾患 胸部大動脈瘤(解離性も含む)、腹部大動脈瘤、その他
末梢血管疾患 閉塞性動脈硬化症、その他

実績

2019年 手術総数 150例
心臓・胸部大動脈手術 90例
冠動脈バイパス術(単独) 37例(24例)
弁膜症手術 38例
メイズ手術 8例
胸部大動脈手術 20例
(うちステントグラフト7例)
腹部大動脈手術 26例
(うちステントグラフト15例)
末梢動脈手術 40例
 

TOPに戻る