外観

ごあいさつ

地域の方々に安心して頂ける救急医療を目指しています。

急性期医療の大きな柱は救急患者さんへの医療です。
中津病院救急科では2次救急を中心に、幅広い内因性疾患、外因性疾患に対応しています。様々な専門の診療科がある病院の特徴を生かして、早期の適切なコンサルトを心がけ、質の高い医療を行っています。
 

救急科部長
栗田 晃宏

診療内容


2次救急を中心に、幅広い内因性疾患、外因性疾患に対応し、24時間体制で救急疾患患者を受け入れています。
平日・日中は専任医師を中心に、夜間・休日は各科当番医、専修医がチーム形成し診療をおこなっています。
心・脳血管障害については担当科と綿密な連携を行い、高度な専門医療を提供しています。

実績

■年間救急車搬送患者数
平成22年 2,730人
平成23年 3,143人
平成24年 5,227人
平成25年 5,940人
平成26年 6,013人
平成27年 5,609人
平成28年 5,809人
平成29年 6,204人
平成30年 6,037人

TOPに戻る