外観

ごあいさつ

コンサルテーション・リエゾンで精神医療と身体医療の橋渡しを。

総合病院精神科として、身体科と連携し、身体疾患で入院した患者さんの精神症状、せん妄・認知症・うつ病・不安障害・適応障害等の診療である、コンサルテーション・リエゾンに重点を置いております。 そのため、外来診療も、他科受診中の患者さんを主体としております。外来初診患者さんは、診立て後、症状に合った診療所、精神科病院、大学病院等への紹介を行います。精神科入院病床はないため、精神科入院が必要な患者さんは、精神・身体の病状に応じて、他院を紹介しております。 認知症の診断も行います。認知機能低下の背景には、変性疾患や機能性精神疾患(うつ病等)があり、鑑別が重要です。問診、血液検査、画像検査、神経心理検査から、鑑別診断し、数年ごとの評価や治療方針の決定も行い、かかりつけ医に逆紹介致します。介護者の負担となるBPSD(認知症の周辺症状)に対し、非薬物療法でも改善しない場合は必要に応じて、薬物療法も考慮します。成年後見制度の申請や介護保険申請等もサポートします。

精神神経科部長代理
米田 一志

診療内容

症候分類 具体的傷病名
不安障害 全般性不安障害、適応障害など
気分障害 うつ病、双極性感情障害
精神病性障害 統合失調症
※発達障害の専門外来は行っておりません。

TOPに戻る