外観

ごあいさつ

 

耳鼻咽喉科領域の疾患全般に対応しています。 特に聴覚、音声、嚥下などの機能に配慮した診療の提供を目指しており、音声障害では音声治療、手術、衛生指導について、聴覚障害では手術、補聴器のフィッティングや聴覚管理について、言語聴覚士とともに積極的に取り組んでいます。新生児、乳幼児の聴覚検査も随時おこなう体制を整えています。 大阪府がん診療拠点病院の一部門として、頭頸部がんの確実な診断、治療を、関連する部署と協力しつつ実績を重ねています。  

耳鼻咽喉科・頭頸部外科部長
東川 雅彦

 

診療内容

■外来受診
外来の受診は、紹介状持参・予約再診を基本としています。 初めて受診する場合には、かかりつけ医や地域の診療所で診察を受け、必要と判断された場合に主治医から当院の地域医療連携センターを通して予約をお取りください。(患者さんから当院の地域医療連携センターにご連絡いただいてもご予約はお取りできません。) 紹介状をお持ちであれば、予約なしで直接受診することも可能ですが、待ち時間がかなり長くなります。できれば早めの時間帯での受診(午前10時くらいまで)をお願いします。 月曜日と金曜日は手術日のため、急な診療体制の変更がありますのでご注意下さい。 電話で予約をお取りすることはできません。ご理解とご協力をお願いします。
 
分類 具体的な病名
中耳疾患 滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎
鼻・副鼻腔疾患 慢性副鼻腔炎、鼻中隔彎曲症、アレルギー性鼻炎
口腔咽頭疾患 慢性扁桃炎
音声・嚥下障害をきたす疾患 声帯ポリープ、声帯結節、反回神経麻痺(声帯麻痺)
頭頸部腫瘍 鼻・副鼻腔がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺疾患(がんと一部の機能障害)、唾液腺腫瘍(耳下腺、顎下腺)、頸部リンパ節腫など
内耳疾患 鼻・副鼻腔がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺疾患(がんと一部の機能障害)、 唾液腺腫瘍(耳下腺、顎下腺)、頸部リンパ節腫など
小児耳鼻咽喉科疾患 幼小児難聴、音声・言語障害、滲出性中耳炎、慢性扁桃炎、扁桃肥大、アデノイド肥大、 睡眠時無呼吸症候群

■患者さん向けのご案内
外来の受診は、紹介受診ならびに予約再診を基本としています。
初めて受診していただく場合には、かかりつけ医あるいは地域の診療所の紹介状が必要です。
紹介状を作成してもらう際に、できれば当院の地域医療・患者支援センターを通して日時指定の予約を取ってもらって下さい(患者さんから直接地域医療・患者支援センターや窓口にご連絡いただいても予約はとれません)。
紹介状持参で日時指定なく直接来院される場合は、手続き等で時間がかかりますので、早めの時間帯(午前10時くらいまで)での来院をお勧めします。 月曜日と金曜日は手術日のため、急な診療体制の変更がありますのでご注意下さい。
診察時間内の電話等でのお問い合わせは、目の前の患者さんの診療・対応が中断します。極力ご遠慮くださいますよう、お願いいたします。 ご理解とご協力をお願いいたします。

診療実績

■患者数 ・初診患者(年間)
 2018年は1,813人、2019年は1,800人、2020年は1,495人
■新入院患者(年間)
 2018年は594人、2019年は594人、2020年は454人
【おもな診療内容 】
 全身麻酔の手術を年間350件程度おこなっています。
 その主な内容とおおよその件数は、鼻副鼻腔内視鏡手術が約100側、鼓室・鼓膜形成術が約20件、口蓋扁桃摘出が約60件、音声改善手術(声帯ポリープ切除を含む)が約40件、甲状腺手術(悪性)が20~30件、頸部郭清術(3領域以上)が20側などです。
■新規の頭頸部がんの診断、治療を、毎年60名程度におこなっています。
■突発性難聴、顔面神経麻痺の入院加療は年間100名程度です。
■炎症性疾患(重度の咽頭喉頭炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎など)の入院加療は年間70名程度です。
■聴覚・音声リハビリテーション件数(2020年度)
 補聴器適合検査は初回を26名の方に、2回目以降をのべ332件、それらを含めのべ405名の方への補聴対応をおこないました。音声治療の新規患者数は49名、うちわけは機能性音声障害が23名、声帯結節が3名、音声改善手術患者(手術の前後に全例に施行)が23名でした。これらの方に対して音声リハビリテーション(外来実施分)として516単位の音声訓練を行っています。

TOPに戻る