大阪府済生会 大淀南リハビリテーション病院(仮称) 2023年春竣工予定

2023年春、大淀南地区に
「大阪府済生会大淀南
リハビリテーション病院(仮称)」を
開院いたします。

「大淀南リハビリテーション病院(仮称)」は、大淀南地区における
「大阪府済生会中津医療福祉センター・大淀南医療福祉総合施設建築計画(仮称)」の
一部として設計され、96床の回復期リハビリテーション病院としてオープン予定です。

「大阪府済生会中津医療福祉センター・大淀南医療福祉総合施設建築計画(仮称)」は、
回復期リハビリテーション病院のほかに、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーション、
居宅介護支援事業所、通所リハビリテーション事業所、乳児院、看護専門学校を併設した
複合施設の建築計画となっており、大淀南地区における地域包括ケアシステムの構築を目指しております。

About 当院について

地域住民のみなさまへ

地域住民のみなさまへ

竣工まで2年を切りましたが、本施設職員は地域の皆様との新しいつながりを作り上げていくために、済生会中津医療福祉センターならではの医療介護における多機能な多職種連携を活かした質の高いそして地域の皆様に満足していただけるような地域包括ケアを準備し、提供させていただきたいと考えております。さらに地域交流の場としてのにぎわい施設やイベントスペースも設置予定となっています。

地域の開業医のみなさまへ

地域の開業医のみなさまへ

大阪府、特に大阪市北西部の地域では、急性期病床が充実している一方で回復期病床が不足していると言われています。その状況を踏まえ、中津病院より回復期リハビリ病床を移設し、在宅復帰支援と在宅でのリハビリ支援の機能を担うとともに、介護、福祉の関連施設と連携し地域包括ケアシステムの構築を目指します。

Facility 施設

施設概要

病床数 回復期リハビリテーション病床96床
所在地 大阪市北区大淀南2丁目2-20
敷地面積 3914.76㎡
構造•規模 鉄骨造・地上10階・塔屋1階

Access Map

アクセスマップ
JR福島駅から徒歩8分

Message 病院長からのメッセージ

大阪府済生会中津病院は100年以上にわたり地域密着型病院として、急性期から回復期、そして在宅まで、切れ目のない医療を提供することを目指してきました。大阪市北部においては、急性期医療を担う病院が多い一方、急性期医療と在宅医療とを繋ぐ役割を果たす回復期の病床が不足しています。
特に寝たきりの患者さんを作らないため、急性期医療のあとのリハビリの重要性はますます高まってきているのにもかかわらず、リハビリ専門病院は不足しています。中津病院は、済生会ならではの切れ目ない、そして質の高い医療を提供するため、新たに回復期リハビリ病院を開設します。病床数は96床とリハビリ施設の中では大きな規模となり、中津病院からの患者さんのみならず、広く近隣の病院で脳血管障害や整形外科疾患などの急性期医療を終えた多くの患者さんに、ぜひご利用いただきたいと思います。

大阪府済生会中津病院院長川嶋 成乃亮

TOP