医療関係者の方

地域医療支援病院として、社会福祉法人としての役割の一端を担っていきたい。

地域連携

REGIONAL COOPERATION

地域連携・患者支援センターでは地域の医療機関からの窓口として、
病診連携室、入退院支援室、生活福祉相談課が一体となり、
迅速で確実な対応で患者さんや地域の先生方に満足いただける体制づくりを目指しております。

大阪府済生会中津病院 院長 川嶋成乃亮

大阪府済生会中津病院 院長

川嶋成乃亮

MESSAGE

院長挨拶

大阪府済生会中津病院は、大正5年の設立以来、患者さんの立場に立った安全で安心な医療を提供する事で、地域の方々に広く信頼されてきました。現在31の診療科に約210名の医師が勤務しており、幅広い疾病の患者さんの診療にあたっています。なかでも、急性疾患診療とがん診療は当院が最も注力しているもので、厚労省よりDPC特定病院群に指定されるとともに、大阪府がん診療拠点病院に認定されています。

当院は、地域の医療機関や施設との連携を深め、地域が一体となって患者さんの健康を守る体制つくりをするために、そして患者さんが退院したあとも安心して生活を送られるように、地域連携・患者支援センターが中心となり取り組んでいます。さらには、ご自宅での医療・介護が継続して必要な患者さんのため、訪問看護ステーションを充実させるなど、中津病院は、済生会の病院として、切れ目のない医療サービスで、地域の皆様のお役に立てるよう努めてまいります。

勉強会・広報誌

STUDY SESSION / PR MAGAZINE

関連コンテンツ

TOPに戻る