外観

ごあいさつ

正確な診断に基づき、新しい治療法も取り入れながら保険診療で認められた標準的な治療を行うよう努めております。

脳血管障害、パーキンソン病、認知症、てんかん、多発性硬化症、重症筋無力症をはじめ、脳神経内科疾患全般の方を診ております。
電気生理検査(脳波、神経伝導検査、誘発電位、針筋電図)、画像検査(MRI、MRA、CT、SPECT、血管撮影)、病理検査(生検、剖検、脳切)を院内で行うことができます。遺伝子検査、特殊な検体検査は全国の大学、研究所と共同し、診断に努めています。治療は正確な診断に基づき、保険診療で認められた標準的な方法を踏まえ、新しい治療法も取り入れています。新薬の治験も行っています。日本神経学会認定教育施設。

 

脳神経内科部長
井上 学

診療内容

脳神経内科が扱っているのは、脳・脊髄・末梢神経・筋肉とその近傍の組織の障害(破壊的あるいは機能的)によって生じる種々の症状で、具体的には以下のような症状・疾患です。
症状 運動麻痺、不随意運動、認知機能障害、失語、意識障害、けいれん発作、しびれ(感覚障害)、めまい、ふらつき、頭痛
具体的な病名
  • 脳梗塞、微小脳出血、一過性脳虚血発作
  • パーキンソン病・パーキンソン症候群
  • アルツハイマー病・血管性認知症・レビー小体病
  • 正常圧水頭症
  • 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症
  • 片頭痛
  • 本態性振戦
  • 多発性硬化症、視神経脊髄炎
  • 重症筋無力症
  • ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • 脳炎、髄膜炎
  • てんかん、痙攣発作
  • 脊髄症、腕神経叢炎
  • 末梢神経障害
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 筋疾患、筋ジストロフィー
  • 脳腫瘍・脊髄腫瘍
■他神経系診療科との違い
精神神経科 うつ状態、神経症、ストレス、不眠、心身症、躁欝病、分裂病などの精神症状を担当します。
脳神経内科と共通するのは認知症や癲癇などです。
脳神経外科 様々の手術対象となる神経の疾患を主たる対象としています。
脳神経内科と重なる疾患も多くあります。
心療内科
(当院では開いていない)
心身症(心理が原因の胃潰瘍、喘息、拒食症、肥満症など)を担います。
 

外来診療について

月曜日~金曜日 (再診の方は予約制になります)
2016年4月より、土曜日の脳神経内科外来は休止となりました。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。
緊急入院の必要な方は脳神経内科 当番医師がおりますので、対応いたします。

実績

年間退院患者数 358名(2021年度)

TOPに戻る