外観

ごあいさつ

ようこそ中津病院栄養部のホームページへ

超高齢社会に突入し健康、栄養に対する関心が高まっています。 食事は生きるための基本となりますが、食事に偏りが生じてしまうと体のバランスを狂わせてしまうことになります。病院における食事は、患者さんにとって治療の根本となるため病態に合わせた食事を提供するとともに、NST(栄養サポートチーム)が栄養状態を専門的に評価し改善に努めております。また、栄養指導をおこない退院後の栄養状態のサポートを行っております。 スタッフ一同一丸となって、患者さんに寄り添い、より良い栄養管理を提供できるよう取り組んで参ります。

栄養部 部長
川口 純子

部門案内

当院栄養部の業務は、給食管理部門と栄養管理部門から構成され、患者さんに安全で美味しい食事を召し上がっていただき、最良の治療効果を得られるよう日々努めております。

給食管理業務

1.適時・適温給食の実施


  

温冷配膳車を使用し、適温で召し上がって頂けるようにしています。入院中のお食事は朝食7:30、昼食12:00、夕食18:00に配膳しております。
 

2.多種多様な食事の調理

病院で提供する食事は一般食と特別治療食に分類され、いずれも患者さんの性別・年齢・身長・体重を目安に、また病態や症状に最も適した食事を提供できるように、数多くの食種を用意しております。
その他、飲み込みにくい方を対象とした「嚥下訓練食」、化学療法を施行されている方を対象とした「スマイル食」なども提供しております。また、アレルギー食品にも対応し、入院中のお食事を安心して召し上がって頂けるようにしております。 退院後も参考にしていただける食事を目指して、管理栄養士と調理師が協働して定期的に献立の見直しを実施し、安心・安全・美味しい食事を提供できるように努めております。






 

3.行事食の実施

入院生活の中でも季節を感じていただけるよう、季節の食材を使用した行事食にカードを添えて提供しております。
行事食予定 行事食予定
4月 お花見 10月 ハロウィン
5月 こどもの日、母の日、創立記念日 11月 世界糖尿病デー
6月 父の日 12月 クリスマス、大晦日
7月 七夕、土用の丑の日 1月 正月、七草
8月 暑中見舞い 2月 節分、バレンタイン
9月 敬老の日 3月 ひな祭り
行事食は都合により変更となる場合があります。



               
               

 

4.嗜好調査結果

当院の食事についてご意見をいただくため、患者さんにご協力いただき、年2回嗜好調査を行っております。
2020.8嗜好調査結果(PDF)  

 

5.講習会への参加

患者さんの食事を安全に提供するために、栄養士・調理師が食中毒関係他、様々な講習会に参加し、常に新しい情報を習得し、安全かつ適正な食事サービスに努めています。

栄養管理業務

1.病態に応じた治療食の提供

治療の一環として、病態に応じた治療食を提供しています。
食物アレルギーをお持ちの方や病態/症状により食事がすすまない方には、直接お伺いした上で、個別に献立作成も行います。
入院中の食事摂取でお困りの場合は、病棟担当管理栄養士へご相談下さい。  
 
肝臓病食 糖尿病食
糖尿病減塩食
エネルギー制限食
脂質異常症食
心臓食
(※高血圧食)
腎臓病食
腎臓病食カリウム制限
潰瘍食
消化管術後食
胃分食
胆のう・膵炎食
潰瘍性大腸炎
 

2.栄養食事指導の実施(予約制)

当院では医師の指示に基づき、生活習慣病の改善をはじめ、腎臓病、がん化学療法治療時の食事摂取方法、術前免疫強化目的など、疾患に関わらず食事療法を必要とされる方に栄養食事指導を実施しています。
また、糖尿病教育入院中の方を対象とした糖尿病集団指導(2回コース)では2回目にSATシステムを使って、実際にフードモデルを選びながら学ぶ体験型栄養食事指導を実施しています。ご希望の方は主治医、又は看護師へお申し出ください。
内容 曜日 時間(午前) 時間(午後) 場所
糖尿病透析予防指導
(外来)
月~金 9:00~11:00 13:30~15:00 東棟3F栄養指導室1
個人
(入院/外来)
月~土 9:00~11:40 13:30~15:30
※第2・4火曜除く
東棟3F栄養指導室2
糖尿病集団
(入院)
15:00~16:00 北棟10Fカンファレンスルーム(第1・3)
東棟3F栄養指導室2(第2・4)
両親学級
(集団外来)
第2水 11:00~12:00 中棟8Fデイルーム
※予約締切りは休診日を除く前日16時(ただし、空きがあれば当日予約も可能です。)
 

3.栄養サポートチーム(NST)による入院中の円滑な治療、退院への支援

NSTとはnutrition support teamの略語で、栄養管理に関する専門知識を持つ医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、臨床検査技師などの多職種が組織横断的に医療チームを形成し、栄養障害に陥った患者さんに対し、栄養アセスメントを行い、静脈経腸栄養管理や合併症対策など行い治療成績の向上を図っています。 構成メンバーは、 医師4名、看護師(摂食・嚥下認定看護師)7名、薬剤師1名、管理栄養士1名、言語聴覚士1名、理学療法士1名、臨床検査技師1名、病棟NSTリンクナース19名

NST活動(毎週木曜日)

各病棟リンクナース、各科医師により依頼された患者さんに対し、多職種で構成されたNSTチームでカンファレンスを行い、回診を毎週1回行っています。

  

 

4.取得資格

日本病態栄養学会認定 病態栄養認定管理栄養士
日本静脈経腸栄養学会認定 NST専門療養士
日本糖尿病療法指導士
NR・サプリメントアドバイザー

TOPに戻る